5月のお誕生日おめでとう

すみれ]  田さん 耶真人さん
こすもす]  依音さん 緒音さん
ひまわり]  咲知さん 朝陽さん 実音さん
エイドリアナさん
も も]  七碧さん 大晟さん 由貴奈さん
あさひさん
ゆ り]  健介さん
ば ら]  遥さん 凰誠さん 実叶さん
う み]  実樹さん
ほ し]  恵叶さん
そ ら]  心葉さん
たいよう]  春斗さん
ちきゅう]  祐穂さん 侑さん 稀々さん
うちゅう]  梨衣奈さん 幸士朗さん
映太さん
ぎんが]  隼大さん 千晴さん 桃佳さん

朝のごあいさつ

0歳児クラスのTちゃんが、クラス前の廊下を保育士と散歩していると、園庭から4歳児クラスのAちゃんが、のぞきにきてくれました。Aちゃんと保育士が「おはよう」とあいさつを交わしていると、Tちゃんも「・・・う。」一緒にあいさつをしているように聞こえました。

5月の行事予定

9日 身体測定(乳児)
10日 身体測定(乳児)
11日 身体測定(幼児)
12日 身体測定(幼児)
24日 避難訓練
26日 誕生会

初めまして

4月日から副園長として勤務させていただくことになりました奥山孝人と申します。何かと至らぬ点も多々あるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ママくるよ!

新入のSちゃんはRくんと手をつないで廊下を歩いていたのですが、寂しくなって「ママー!」と泣きだしてしまいました。それをみたRくん、つないでいない方の手でSちゃんをよしよししながら、「ママくるよ。」「ママくる!」と何度も声をかけてくれていました。Rくんは在園児で4月生まれの大先輩。仲間愛が芽生えています。

松阪市役所 こども未来課からのお知らせ

5月分保育料口座振替日

令和4年5月31日

※前日までに振替口座に入金をお願いします。

家庭状況に変更があった場合には申請が必要です

婚姻、離婚、同居人の増減、転居、就労状況、育児休業の取得状況等の変更があった場合には、必ず変更月中に認定の変更申請をしてください。

申請場所:松阪市役所こども未来課・各地域振興局地域住民課

※認定の変更申請が確認できない場合、認定取消(退園)となる場合があります。

集合写真 ※画像をクリックすると大きな写真が表示されます

写真01 写真02
写真03 写真04
写真05 写真06
写真07 写真08
写真09 写真10
写真11 写真12
写真13 写真14
写真15

皮膚の学校感染症に関する統一見解

日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会・日本皮膚科学会・日本小児感染症学会

お子さんとその保護者さん、ならびに保育園・幼稚園・学校の先生方へ
保育園・幼稚園・学校へ行ってもよいか? プールに入ってもいいの?

1) 手足口病
手足の水ぶくれが消えて、口内炎が治っても、便の中には原因のウイルスが長い間出てきます。トイレで用を済ませた後は手洗いをきちんとしましょう。
口内の発疹で食事がとりにくい、発熱、体がだるい、下痢、頭痛などの症状がなければ、学校を休む必要はありません。
2) 伝染性紅斑(りんご病)
顔が赤くなり、腕や腿、体に発疹が出たときには、すでにうつる力が弱まっていることから、発熱、関節痛などの症状がなく、本人が元気であれば、学校を休む必要はありません。
また、いったん消えた発疹は日光に当たったり、興奮したり、入浴後などに再び出てくることがありますが、これらは再発ではありませんので心配いりません。
3) 頭虱(あたまじらみ)
互いに触れ合って遊ぶ機会の多い幼児・小児には最近ではよく発生します。発生した場合はその周囲がみんな一斉に治療を始めることが大切です。治療を始めればプールに入って構いません。ただし、タオル、ヘアブラシ、水泳帽などの貸し借りはやめましょう。
学校を休む必要はありませんが、できるだけ早く治療を受けてください。
4) 伝染性軟属腫(みずいぼ)
幼児・小児によく生じ、放っておいても自然に治ることもありますが、それまでには長期間を要するため、周囲の小児に感染することを考慮して治療します。
プールの水ではうつりませんので、プールに入っても構いません。ただし、タオル、浮輪、ビート板などを介してうつることがありますから、これらを共用することはできるだけ避けて下さい。プールの後はシャワーで肌をきれいに洗いましょう。この疾患のために、学校を休む必要はありません。
5) 伝染性膿痂疹(とびひ)
水ぶくれや糜爛(びらん)からの浸出液を触ったり、引っ掻いたりすると、中の細菌で次々にうつります。特に鼻の入り口には原因の細菌が沢山いるので鼻をいじらないようにしましょう。
病変が広範囲の場合や全身症状のある場合は学校を休んでの治療を必要とすることがありますが、病変部を外用処置して、きちんと覆ってあれば、学校を休む必要はありません。
プールの水ではうつりませんが、触れることで症状を悪化させたり、ほかの人にうつしたりする恐れがありますので、プールは治るまで禁止して下さい。

出典:日本小児皮膚科学会

令和4年 5月 おおはし小児科 院長 大橋 信