新年度スタートから3ヶ月目にはいり、環境の変化や大型連休を経て子どもたちもすっかり園生活のリズムになじんできたように感じられます。雨の降る日は、濡れたり、洗濯物が乾きにくかったり、大人は少し憂鬱な気持ちになりますが、子どもたちは、レインコートに長靴、傘をさして、いつもと違った装いに心弾むようで、水たまりにパチャンパチャンと入って喜んでいます。またカタツムリやカエルなどのこの時期ならではの生き物を興味津々の様子で触ったり観察したりしています。雨の日は、子どもたちにとっては楽しい要素や発見がたくさんあるようです。
 戸外遊びが出来なくても、雨の日ならではの遊びを取り入れて楽しく過ごしていきたいと思います。

今月の目標

  • 梅雨期の自然に触れ、興味や関心を持つ。
  • 好きな遊びを見つけて保育士や友達と一緒に遊ぶことを楽しむ。