6月のお誕生日おめでとう

こすもす]  蓮奈さん 彩吹さん
ちゅうりっぷ]  颯太さん 颯哉さん 蓮己さん
ゆ り]  博さん
ば ら]  悠夏さん 相太さん
う み]  沙菜さん
たいよう]  蓮さん 瑠菜さん 陽士さん
うちゅう]  司さん さゆりさん
ぎんが]  泰雅さん 彩乃さん

献立変更

なし
誕生会:25日

保育実習生がきます

6月7日~19日ゆりぐみに保育実習生がきます。

子どもたちと一緒に遊んだり、生活の援助をしながら保育園での仕事を学んでいきます。

6月の行事予定

7日 身体測定(乳児)
8日 身体測定(乳児)
尿検査提出日
9日 身体測定(幼児)
リズム指導(うちゅう・ぎんが)
10日 身体測定(幼児)
11日 歯みがき指導(幼児)
18日 とまとーず交通安全指導
(たいよう・ちきゅう・うちゅう・ぎんが)
21日 避難訓練
25日 誕生会

尿検査のお知らせ

6月7日(月)に容器をお渡ししますので、6月8日(火)に必ず提出してください。

8月 お盆期間について

8月12、13、14、16日がお盆希望保育の予定です。(詳細については、後日お知らせします。)

松阪市 こども未来課からのお知らせ

6月分保育料口座振替日

令和3年6月30日

※前日までに振替口座に入金をお願いします。

家庭状況に変更があった場合には申請が必要です

婚姻、離婚、同居人の増減、転居、就労状況、育児休業の取得状況等の変更があった場合には、必ず変更月中に認定の変更申請をしてください。

申請場所:松阪市役所こども未来課・各地域振興局地域住民課

※認定の変更申請が確認できない場合、認定取消(退園)となる場合があります。

現況届の提出につい

保育園・こども園利用のための現況を確認をするため、届出用紙を配りますので、期日までに提出してください

お ね が い ~ご協力お願いします~

【すみれ・たんぽぽ・こすもす・ちゅうりっぷ・ひまわり・もも・ゆり・ばら】
朝、はいてくるオムツに必ず名前を記入してきてください。
持ち物には必ず名前を記入してください。
(消えてきている名前の確認やきょうだいの名前からの変更をお願いします。)
爪が長くなってきたら、こまめに切っていただくようにお願いします。
【うみ・ほし・そら・たいよう・ちきゅう・うちゅう・ぎんが】
毎日水筒を持ってきてください。水筒は、肩ひも・コップ付きの保冷タイプのもので、中身はお茶か水にしてください。
氷は入れないでください。
【うみ・ほし・そら】
園服のポットに、ハンカチ、ティッシュを忘れずに入れてきてください。
※名前も忘れずに記入してください。

集合写真 ※画像をクリックすると大きな写真が表示されます

写真01 写真02
写真03 写真04
写真05 写真06
写真07 写真08
写真09 写真10
写真11 写真12
写真13 写真14
写真15

新型コロナウイルス対策 いま、大事なことは〜

※ワクチン、乳幼児健診はスケジュール通りに受けましょう!

小児科医は、ワクチン・乳幼児健診の時間と空間を分けて個別接種しています。

他の病気に感染しないように受けられますので事前に予約して受けましょう。

※子どもに気をつけてあげてほしいこと

  1. 3密(密閉・密集・密接)を避ける
  2. 3密を避けて外遊び
  3. こまめに手洗い
  4. 早寝早起き、規則正しい生活リズム
  5. 安心させてあげる声がけをしてください
    マスクしないとだめ、手を洗わないとだめ ←NG、ダメ
    マスクをしたら大丈夫、手を洗えば大丈夫 ←OK

※2歳未満の子どもにマスクは不要、むしろ危険!

乳児のマスク使用ではとても心配なことがあります。

  • 乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので、マスクは呼吸をしにくくさせ呼吸や心臓への負担になる
  • マスクそのものやおう吐物による窒息のリスクが高まる
  • マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まる
  • 顔色や口唇色、表情の変化など、体調異変への気づきが遅れる

など乳児に対する影響が心配されます。 (日本小児科医会から保護者の皆様へ )

★世界の新型コロナウイルス小児感染症からつぎのような点がわかってきました。

  • 子どもが感染することは少なく、ほとんどが同居する家族からの感染である
  • 子どもの重症例はきわめて少ない
  • 学校、幼稚園や保育所におけるクラスター(集団)発生はほとんどない
  • 感染した母親の妊娠・分娩でも母子ともに重症化の報告はなく、母子感染はまれです。
  • 米国小児科学会によると、18歳未満の感染者でも、0.1~2%は入院が必要な状態になっている。さらに、過去1年間には250人以上が死亡している。また、感染して合併症を起こす子供たちもいる。
  • 例えば、発熱や発疹、心臓やその他の臓器にも損傷を与えるMIS-C(多系統炎症性症候群)は、無症状の子供たちに多くみられる。成人と同じように、ひどい倦怠感や頭痛、腹痛といった「後遺症」に悩まされる子供や若者たちもいる。

※16歳未満の人たちのコロナワクチン接種

イギリス、アメリカでは8月頃から12歳以上に対して開始されそうですが、日本ではいつになるかわかりません。

令和3年 6月 おおはし小児科 院長 大橋 信