2月のお誕生日おめでとう

こすもす]  糸叶さん 祥基さん
ちゅうりっぷ]  瑠奈さん 款さん 慎也さん
ひまわり]  魁璃さん 諒飛さん
も も]  結衣さん 莉束さん 実桜さん
ゆ り]  依音さん 一穂さん
ば ら]  よつ葉さん 圭佑さん 栞奈さん
明樹杜さん
う み]  妃那さん 柊玄さん
ほ し]  凜さん 日向さん
そ ら]  啓介さん
たいよう]  樹花さん 紡希さん
ちきゅう]  詩織さん 慶斗さん 郁斗さん
うちゅう]  彪惺さん
ぎんが]  翔稀さん 紺さん 遥琉さん

保育実習

2/15~3/8保育実習生がクラスにはいります。

子どもたちと一緒に遊んだり、生活の援助をしながら保育園での仕事を学んでいきます。

ももぐみ間宮さん
ゆりぐみ前野さん
ぎんがぐみ中村さん

2月の行事予定

8日 身体測定(乳児)
9日 身体測定(乳児)
10日 身体測定(幼児)
12日 身体測定(幼児)
16日 避難訓練
19日 生活発表会(リハーサル)
22日 誕生会
24~26日 生活発表会(園内)
25日 サッカー教室(5歳児クラス予定)
※3月27日:卒園式
※3月29~31日は次年度準備期間となりますので、家庭保育のご協力をお願い致します。

献立変更

10日 19日
24日 25日
誕生会:22日

令和3年度 松阪市休日保育

春日保育園休日保育ルーム 有料 弁当持参

4月より登録希望のご家庭は2月26日(金)までに申請をしてください。(書類は園にあります)

※随時受付はしていますが手続きに日数がかかりますので、早めに申請をしてください。

松阪市役所 こども未来課からのお知らせ

2月分「保育料」口座振替日

令和3年3月1日

※前日までに振替口座に入金をお願いします。

家庭状況に変更があった場合には申請が必要です

婚姻、離婚、同居人の増減、転居、就労状況、育児休業の取得状況等の変更があった場合には、必ず変更月中に認定の変更申請をしてください。

申請場所:松阪市役所こども未来課・各地域振興局地域住民課

※認定の変更申請が確認できない場合、認定取消(退園)となる場合があります。

お ね が い ~ご協力お願いします~

【乳児(0・1・2歳児クラス)】
朝、はいてくるオムツに必ず名前を記入してください。(テープの側に書いてください。)
持ち物(衣類、スプーンセットなど)にも必ず名前の記入をしてください。
オムツ袋や給食袋には必ずビニール袋を入れてください。
【幼児(3・4・5歳歳児クラス)】
9時までの登園をお願いします。

集合写真 ※画像をクリックすると大きな写真が表示されます

写真01 写真02
写真03 写真04
写真05 写真06
写真07 写真08
写真09 写真10
写真11 写真12
写真13 写真14
写真15

新型コロナウイルス感染症患者の自宅療養について

新型コロナウイルス感染症患者の入院勧告・措置の対象者

  • 高齢者、呼吸器疾患等の基礎疾患があるなど重症化リスクのある患者。
  • 症状等を総合的に勘案して医師が入院させる必要があると認める患者。
  • 都道府県知事が入院させる必要があると認める患者。

ホテル療養、自宅療養のいずれかの対象者

  • 無症状・軽症の患者。
  • 新型コロナの感染者が急増している地域では、入院が望ましい人でも入院先がなく、自宅療養となる場合があります。

自宅療養中は原則として外出は禁止

  • 期間は、発症から10日経過かつ症状軽快から72時間経過。
  • 新型コロナの感染症は、発症3日前から発症5日後までは特に感染性が強く、軽症でも最大10日目まで人にうつす可能性があります。

自宅療養中の健康管理

  • 体温測定と下記の症状のチェック。

発熱・咳・だるさ・食欲低下・息切れ・息苦しさ・痰・筋肉痛・嗅覚障害・味覚障害
自宅療養中に注意すること

  • 自宅療養中に新型コロナの病状が悪化することがあります。
  • 特に、発症から約1週間前後に「息切れ・息苦しさ」が強くなると、新型コロナが悪化している可能性があります。その時は、至急、救急車を依頼するか保健所に連絡しましょう。(パルスオキシメーターを利用できれば症状が乏しい低酸素症-呼吸困難を早期に見つけることができます。保健所から貸し出されることもあります)
  • また、突然の強い胸痛や激しい頭痛が出現した場合は、血栓症を起こしている可能性がありますので、すぐに救急車を依頼するか保健所に連絡してください。

同居者の過ごし方・居住環境の整え方

  • 換気と手洗いの徹底。
  • 3密(密閉・密集・密接)をできるだけ避ける。
  • 自宅療養者と同居者が接する時間をできる限り減らす。
  • 家庭内の設備や物の、自宅療養者と同居者との共用を可能な限り避ける。
  • できるだけ個室で過ごす。
  • 洗面所やトイレについて共用する場合は十分な清掃と換気をしましょう。
  • タオル、シーツ、食器は共用してはいけません。
令和3年 2月 おおはし小児科 院長 大橋 信